堂畝 紘子写真展 「生きて、繋いで」 ~被爆三世の家族写真~

      2018/09/29

堂畝紘子さん プロフィール

1982年生まれで広島市出身。 東京で写真を学び、東日本大震災を機に地元で 「こはる写真館」を開業。 銀塩写真への強いこだわりをもつ新進気鋭のフォトグラファーです。 2015年からは非営利で被爆三世の家族写真を撮影、展示活動を開始しています。
ヒロシマ、ナガサキへ原爆が投下されて73年。みらい館大明ブックカフェ・シアター第3弾はこの8月17~19日まで、ブックカフェを会場に原爆投下を扱った劇団ユニットウラダイコクによる『魚雷モグラ』を公演。演じた20代前後の若者たちを中心に平成元年生まれなら30歳の役者たちだ。戦後世代が圧倒的な時代を迎える。被爆体験を語らないまま鬼籍に入るヒバクシャ。その子の被爆二世、30歳前後の孫世代の被爆三世。

開催期間

開催時間  月~木16 時~20 時 土日・祝日13 時~18 時

金曜休館 大明まつり期間10月27日/28日10:30~16:30

 - イベント予定