他己紹介No2:はる

   

あっという間に2周目がやってきました!早い・・・

自分でもmixi(これは今の10代にはわからないだろう)やブログを書いていたのですが、
徒然なるままに書いていたので、今回のようにテーマが振られてというのはあまりない経験。

次のテーマは「他己紹介」というのも、つぎの担当のコーディネーター、
自分の場合であれば幅野さんのことだけを書くと思っていたので、
緑川さんの文章量におののく・・・!!!

が、継続のために各コーディーネータのスタンスで書いていくので、自分ペースで更新!!

太田さん
猫と本とコーヒーが好きな人。
ちょっと怖いと思われがちだけど、あれこれ考えている。
昔の池袋の話や、世の中のことを教えてくれる自分の生活圏では貴重な存在。

幅野さん
人の誕生日プレゼントを贈るのが好きな人。
話してみると考え方がすごい・・・と驚く。
幅野さんの世界をもっと広げていってほしい(自分でも何を言っているか、よくわらかない)。

卜沢さん
人のいいところを見つけるのがうまい人。
自分の好きなものや表現を大事にする姿勢もいいなぁと思ってます。
ブックカフェの広報で出会った人とのご縁も活かした
企画も考えていて、すごいなぁと尊敬。

緑川さん
視力2.0の人。
と書くぐらいにメガネが似合っていたので、度が入ってないと聞いて驚いた。
大明7びっくりの1つにしてもいいくらい。
人から頼まれたことも、なにごともひたむきな姿勢に拍手。
そして、あふれるほがらかオーラがすごい。

 

と書いてみたのだけど、自分の他人の描写力、洞察力の低さがすごい・・・
苦手意識はあったのだけど、いざやってみると、露骨に現れる。

他に思ったこととしては、4人のコーディネーターともに
みんな距離感が心地いいなぁということ。

入り込みすぎず、かといって、他人行儀でもなく。
その距離感も同じようでいて、人それぞれ違っているのもおもしろい。

 - ブックカフェ通信 , ,